相見積りのルールと断り方を覚えよう!

相見積り,マナー,断り方,ルール

リフォームを検討している場合、1つの業者からの見積りだけで発注先を決定するのではなく、複数の業者から見積りをとることがあります。

 

これを一般的に相見積りと呼びますが、1つの業者からの見積りだけで発注先を決定してしまうと、その業者だけが異常に金額が高かったり、納期が遅かったりすることが判断できないからです。

 

よって、リフォームだけでなく、不動産や車の購入、売買においては複数の業者から見積りをとり決定することは一般的に行われているプロセスです。

 

しかし、このように相見積りをとる場合には、ルールや注意すべき点があります。

 

相見積りのルールとマナー

相見積りをとる場合は、見積りの前提条件をしっかりと決める必要があります。

 

相見積りを取る目的の1つは同じ条件で一番安い業者を選定することです。
よって、見積りの前提となる条件が異なってしまっては金額だけで公平な判断ができなくなってしまうのです。

 

また、他の業者から見積りをとっている場合、それを最初に伝えることも大切な行為です。

 

業者によっては自社からしか見積りをとっていないと考えていたのに、他にも見積りをとっていることを後から知ってしまうと不信に感じる業者も無くはないからです。

 

よって、相見積りをとる場合は最初からきちんと相手にその旨をお伝えすることが大切です。

 

相見積りをとることは決して悪いことではないため、最初にきちんと説明さえしておけば後でもめることを回避できるのです。

 

その他では、目標となる金額や納期が明確にある場合はそれを最初にお伝えすることも大切なルールです。

 

何故なら、見積りというのは作る側にとっても大変手間のかかる作業です。

 

例えば住宅の見積りであったり、リフォームの見積りの場合はいろいろなことを調べ、計算しないと見積りを作成することはできません。

 

しかし、その見積りが結果的に絶対に受け入れてもらえないようなことが最初からわかっている場合、その見積り作成の手間をかけることは現実的に合理的ではないからです。

 

例えば、住宅の見積りをとったが、予算が50万円しかないので予算オーバーです、と断るのはマナー違反です。

 

つまり、最初から目標となる金額を伝えていれば、そのような金額では絶対に無理ということが最初にわかるため、手間のかかる見積り作成を行う必要はなかったことになるのです。

 

そしてこれは納期でも同じことがいえます。

 

リフォームをとにかく急いでいるため、3日間で完了する、ということが大前提の場合があるとします。しかし、この規模のリフォームが一般的には数ヶ月かかる場合、そのような納期で対応できることは現実的には難しく、常識的において最初に提示すべき前提条件ということになるのです。

 

このように、相見積りをとる場合は気をつけなければならないマナーがあるので注意が必要です。

相見積りの断り方

そして、最終的に業者を決定した後に他の業者に断りを入れる際においても気をつけなければいけない点がいくつかあります。

 

まず、必ずしなければいけないことは他の業者に決定したことを確実にお伝えすることです。この連絡を怠ると、業者側としてはどうなったのかわからないため、その見積り案件を遂行するための材料や設備を維持しておかなければなりません。

 

勿論、見積りには有効期限というものがあるため、この期限を過ぎると見積り業者側にはその責は無くなります。

 

しかし、ビジネスにおけるルールとして他に決めたのであればその旨をきっちりとお伝えすることは最低限のマナーであるといえます。

 

他には、他の業者に決定した理由を明確にお伝えすることも大切なマナーです。

 

見積り業者も手間をかけて見積りをしたわけですので、どのようなポイントで選べなかったかはちゃんと説明する必要があるのです。

まとめ

以上が相見積りをとる際のマナーとルールになります。
相見積りをとるのは決して悪い事ではありません。ごく一般的な事です。

 

しかし、しっかりとマナーを守った方がお互いの為になるでしょう。


PR